スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ちいぱぱ??
- 2005/12/08(Thu) -
最近、中2の長男ゆうくんがちょっと大人になった
今までは「男の子」って感じだったけど
最近は「男」って感じになってきた
体つきも、腕なんて大人の男の人みたいになってきた

そして、うちは母子で生活してるから
なんとなくお父さん的存在にもなってきた

長女が晩御飯が終わって、「ご馳走様」と席を立とうとしたとき
「ちょっと、お前、女の子だろう
 自分が使った食器くらい、流し台に持って行け」
と言った
そういえば、ゆうくんはいつも自分で流し台まで持って行ってる
娘は最初不機嫌そうな顔をしたが、
「はいはい」と言って片付けた

洗濯物をたたんで置いておいた
娘の分だけ、中々片付いてなかった
「おい、お前、洗濯物くらいさっさとしまえよ」
とゆうくんが言った

今夜晩御飯を食べてたら ゆうくんが言った
「学校で給食を食べてるときに、御椀をちゃんと持って食べてる子を
 見ると、家でちゃんと躾けられてるんだなと思って見てる」

・・・・・・???・・・・・・・

いつからそんなこと言うようになったのかな・・・

前はそんなこと言うような子じゃなかった

末っ子がご飯が全部食べられなくて残そうとしてたら
ゆうくん
「ご飯が残ってるよ 一粒残さず綺麗に食べろ」
と末っ子に言った

なんか私が出る幕がない

なんか、まだ小さいけど、パパが居るみたいな気持ちになった・・・
私がゆうくんを頼り過ぎてこうなったのか
必要以上に、年齢以上のものをゆうくんに求めてしまってるのか


子供三人、本当に三人三様だよ・・・
末っ子はいつまでたっても末っ子だ
甘えるのは超一流
上手に私の機嫌をとってくる
ちょこんと私の膝の上に乗って
「ほら~こっち~向いて~(*^_^*)」
なんて言う
娘はとにかく学校での友達との話をする
ご飯の間中・・・
喋りっぱなし・・・

四人の生活を始めて三年過ぎて
この四人の生活は私には居心地がいい・・・
親子喧嘩、兄弟喧嘩もたまにはあるけど
でも、
ゆうくんが心の支えになってくれてることは間違いないと思った
こんな至らない母親なのに
ごめんね です・・・
いずれ皆私の手元から巣立って行くんだよね
将来は幸せな家庭を作って欲しいなと思った
ちゃんと仲良しの夫婦が居て、可愛い子供が居て・・・
そんな家庭を築いてくれたらいいな・・・

こんな環境で、こんなお母さんで本当にごめんね・・・だよ

この記事のURL | こどものお話 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
子供の残酷さ
- 2005/11/24(Thu) -
この前無事に退院したYちゃん・・・

クラスの女の子数名にイジメられてるそうだ・・・

理由は「Yちゃんの顔が浮腫んでいるから」

・・・アホか!!・・・

この話をYちゃんのお母さんが私にしてくれた

許せないよ
そんなの!!

顔が浮腫んでいるのは薬のせいでしょう
なんで、そんなことが理由でいじめるの!!

むかついてむかついて仕方が無い

Yちゃんとうちの娘は仲がいい
それをその数名のイジメをしてる子が邪魔するらしい
数名の子はうちの娘とは仲がいい
Yちゃんがうちの子に近づこうとするとそれを阻止するらしい

六年生にもなってなんでそんなことするの

そういえばこの前娘が言っていた
「○○ちゃん、Yちゃんのこと避けてるみたい・・・
 ○○ちゃんは私とは遊びたいけど、
 Yちゃんとは遊びたくないんだって・・・」

「あのね、友達同士、合う合わないはあるかも知れないよ
 でもねYちゃんも病気になりたくてなったわけじゃないんだよ
 貴女はちゃんとYちゃんを助けなきゃいけないよ
 お母さんは貴女を信じてるから」
私は子供に言った

ついこの前そんな話をしていたばかりなのに・・・

Yちゃんのお母さんの話しによれば
女の子の焼きもちも入ってるかもしれないって

でもね、私は許せない
もしかして、これもYちゃんにとったら必要な経験なのかもしれない
だけど、病気でこうなってる子に
それを理由にしていじめること
それは許せることじゃないでしょう

一年生の子だってわかるはず

私は悔しかった
担任の先生に話すべきだと言った
我が子を守れるのは親しかいない

先生がどんな解決方法を出すのかわからないけど
でも、ほっとくなんて出来ないよ

子供って残酷だ

Yちゃんが うちの子からもらった折り紙で作ったいちご
それを筆入れに入れているのをその子達が見つけて
こそこそ手紙のやり取りをして
悪口言い合ってるんだって

その子達はうちの子はいじめない
逆に毎日誘いに来る
今日も一緒に遊んでいた
傍から見ればそんな悪い子ではない

女の子同士って仲間意識が強いのはよくわかってる
でもね それも時と場合によるんじゃないのかな


あ~・・・
駄目です・・・こういう女の子同士のイジメ
許せません・・・

先生にもこの実態気づいてもらって
Yちゃんが学校生活をしやすいように
協力してもらえたら・・・

もしかしたらYちゃん自身が引け目を感じていて
普段なら気にならないことでも今は気になってるのかなとも思った

でも、でも
やっぱり許せない・・・

・・・なんか書いてる内容ぐちゃぐちゃ・・・
この記事のURL | こどものお話 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
思春期
- 2005/10/17(Mon) -
長男君は8月で14歳になった

最近、どうも長男との意志の疎通?がおかしい・・・
普通の会話は、本当にごく普通に出来る
別に違和感なんて全く無い

でもね、私が近づくと逃げる
ちょっとでも触ると「お母さんヘンタイ!」って言う

私がご近所の話をすると
「そんなのどうでもいいじゃん」と言う

土曜日の夜長男と次男は「あっちの家」に泊まりに行った
その日の昼間、長男の後輩がうちに遊びに来た
その後輩のうちの1人(Mくん)のおばあちゃんと
私の姑(長男のおばあちゃん)は大親友なのだ・・・(-_-;)

あっちの家に泊まりに行く前、私が長男に
「今日、Mくんが遊びに来たこと、おばあちゃんに話したら?」
と言った
そしたら、長男は
「なんで?なんでそんな話、おばあちゃんにするの?
 そんな話しても意味ないでしょ」
だって・・・

なんだか最近すごく思う
長男って、なんでこうなんだろう?って・・・
普通に「今日、Mくんがうちに遊びに来たよ」って
お茶のみ話程度にすればいいのに
それを聞いたおばあちゃんは決して悪い気はしないと思うのに・・・
それより、自分と親友の孫同士が仲良くしてるって喜ぶんじゃないのかなって思うのに・・・?

この子に、情って、どの程度あるんだろう?

思春期ってこんなもんなのかな・・・

もし、この子が情が薄いならそれは私のせいかもしれない
こんな夫婦の形をとって
その中で暮らしている子供たち

長男には、私も夫も心の中では軽蔑されてる気がする
最近特にそう思う・・・

でも、今どうすることも出来ない・・・


多分長男は家族5人で、家でも建ててそこで仲良く犬でも飼って・・・
そんな夢を持っていたんだろうな・・・

私は夫の会社の事務をして夫を助け
夫は仕事に専念する・・・

そういう夫婦をこの子は理想としていたんだろう・・・

結構、冷ややかな気持ちで大人を見ている・・・

もう少し・・・もう少しでいい・・・
子供のあどけなさ、可愛らしさ・・・
持ち続けていて欲しいのに

これが普通の人間の成長ならいいけど
歪んだ成長なら・・・
どうしようか・・・
 
この記事のURL | こどものお話 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
練習試合で
- 2005/10/09(Sun) -
本当は昨日野球の練習試合だったのですが雨の為今日になりました

私はお茶当番だったので朝一番から行きました

うちの長男くんは・・・
コーチャーとして、出場?してました

今まで怪我のため出場出来なかった子が、もう皆復帰して
長男はいつものファーストやライトは無理でした・・・

ゆーたくんとファースト争いをしていたんだけど今日はゆーたくんが
ファーストでした

ゆーたくんのお母さんと私はよくお喋りしますが、今日
「うちの子は小学校の時からファーストだった
 これで当たり前だよ」
って言われてしまいました(T_T)

これで当たり前・・・ファーストはゆーたくんがするのが当然

私は
「そうだよ~ ゆーたくんが試合に出てるとシャキッとするもん!」
と言いました・・・が・・・

確かにそれは本当にそう思ってます
でもね・・・
うちの子も頑張って練習してたから、あまりにも目の前でそう言われると 少し・・・なんだか・・・うちの子がかわいそうだったな

仕方ないよね 実力の世界なんだからね

今日の試合は二回戦とも、大負け・・・ぼろ負け・・・

試合の最中、先生はトイレに行ったり、うろうろ・・・

生徒に向かっても何も指示しない

試合が終わって、先生から生徒へお話がありました

ビツクリー!!でした

先生は目の前にあった机を足で思い切り蹴りました
机の上のファイルも生徒めがけて、投げました

「おまえらー!!何をしてる!!
 お前らにいくら注意しても全然聞かんなー!!
 お前らに言っても無意味だな!!
 片付けろ もう片付けろ!!」

応援に行ってた私達保護者も、みんな
・・・シ~ン・・・



12日には新人戦があります
今日の練習試合は、そのときのメンバーを決めるための
大事な試合でした

・・・?ということは・・・?
うちの長男君は出られないってこと?・・・か・・・

一年生が二人はメンバーに入ります
二年生は九人います(少ないでしょ??)

ということは・・・?
やつぱり・・・

うちの長男君はレギュラーではないな・・・

案外、代打で出れるかもしれないけど・・・?


今日先生にあそこまで怒鳴られて、子供たちはどう思ったのでしょう・・・

長男君はどう思ったのでしょう・・・

今夜、話を聞きたかったけど長男君は「あちらの家」に今夜は帰ります・・・

まじめにコツコツコツコツ努力していても、目が出ないときは出ないんですよね・・・

不真面目な子でも要領のいい子は、目が出たりするんですよね

それが実力の世界なんでしょうか
この記事のURL | こどものお話 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
試合で
- 2005/10/03(Mon) -
10:50からゆうくんの試合が始まりました

私は遊びに来ていた姉と一緒に応援に行きました

行くと、ゆうくんはファーストで出ると言っていたのにライトに居ます・・・

他の子もいつもとは違った所についていました

今朝、先生が急遽大幅に変更されたそうです

ゆうくんのチームは骨折してる子が二人、いつものピッチャーの子も腕を壊していて

その子がファーストへ

ピッチャーは一年生の子がしてました

ライトはゆうくんの思惑とは違ってたでしょうね・・・

でも、私はそんなことお構い無しです

試合に出られるだけで嬉しい馬鹿な親です(-_-;)

一回だけ、試合の最中ゆうくんはミスをしました(T_T)



結局ゆうくんたちは負けました

相手チームとは以前戦ったことがあって、そのときはゆうくんチームが勝ちました

すごくむかついたのですが、相手チームの先生がピッチャーに

「打たせてやれ!どうせ打てるわけないから!」

などと、大声で言ってました すごく馬鹿にした言い方でした

これって・・・ヤジですよね~ あ~やだやだ

先生ともあろう方が・・・

ゆうくんの先生も、この先生の態度にご立腹だったそうです



家に帰ってから今日の試合のことを色々話しました

私はそんなに野球に詳しくありません

だから、ただただ褒めてやることだけでした

中学から始めたゆうくんが試合に出れただけで大満足でした



姉は、最初野球の応援に行くのをしぶっていたくせに

いざ、試合が始まると私よりも真剣な眼差しで応援してくれてました

「お姉ちゃん?すごい真剣じゃない??」と私がからかうと

「うちの子の小学生の時のスポ少を思い出したよ」

と涙ぐんでました

そして「ゆうくんが一番礼儀正しくしてるね」と褒めてくれました

最高の褒め言葉でした・・・



試合後先生から子供たちにお話があったそうです

その中で「今日の試合が負けたことは、ゆうくんのミスも一つの原因だ こう言うと凹むかも知れないけどこれで凹むか、それともこれをばねにして頑張るか・・・どちらかだぞ」

と言われたそうです

その話をしているゆうくんの顔は輝いていました

今夜は素振りはしませんでした

今夜はゆっくり寝て体の疲れを取り、明日からまた朝練、いちから頑張る!と意気込んでました

ずっとずっと・・・見守ってやりたい・・・心の底からそう思いました・・・

この記事のURL | こどものお話 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。