スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
Happy Birthday airi♪
- 2005/12/26(Mon) -
20051226225113
今日は娘の12歳のお誕生日でした( ^^)Y☆Y(^^ )
私も仕事がお休みだったのでケーキを一緒に買いに行きました♪
ろうそくが12本だと多くてケーキのクリームが崩れますよと
お店の人に言われ、大きなろうそく1本と小さなろうそく2本にしました 私は小さいろうそく12本が良かったんだけど…

ついこの前もケーキを食べたけど
娘にとったら今日のケーキの方が特別のものだったみたいです・・・

末っ子が新しいお財布にお小遣を入れ、
娘にプレゼントを買いに行きました
娘からのリクエストでレターセットを…

末っ子は一人でお店に入り一人で選び買って来ました
自分一人でお姉ちゃんへのプレゼントを選び、
買うという事にとても満足したようです…
私、すごく親バカかもしれないけど
その末っ子の姿を見て涙が出ました…

やっぱり姉弟なんだなって…

末っ子の優しい心遣いに私も優しい気持ちになれました
お店から出た末っ子を思わず抱きしめてしまいました
金額は130円ほどのものです・・・

でも…
自分もお小遣、少ないのにちゃんとプレゼントをあげようと言う気持ちが嬉しかったです
長男と娘は今お互いが思春期で よくぶつかります…
でもそれはそれでしかたないなって
周りでそっと見守っています
長男の言い方がかなりきつい時があるので その時は注意するけど
でも長男と二人になった時
「貴方が一番好きだからね 一番心配してるし一番頼りにもしてるよ」と伝えています…

私の子育てが良いのか悪いのか今は全くわかりません
だけど子供には私の本音でぶつかって行きたい
感動した時には、その感動を
辛かったり哀しかったりしたときには
その私の気持ちを・・・

なんでもかんでも、全てぶつけるわけではないけど
でも、ちゃんと心はつながっていたい
せめて子供だけとは・・・

いつのまにか、手も足も私より大きくなっている子供たち・・・


子供が私の宝物です…

大切な大切な……
スポンサーサイト
この記事のURL | こどものお話 | CM(9) | TB(0) | ▲ top
サンタからのプレゼント
- 2005/12/26(Mon) -
昨夜夜中にママサンタは子供の枕元にプレゼントをそっと置きました
子供は何も気づかずスヤスヤ眠っていました
ママサンタは子供のほっぺに頬擦りをしました・・・

今朝私は仕事だったのですが子供が自分で起きてくるのを
わざとに待ちました
まず、末っ子が目が覚め枕もとのプレゼントに気づきました
「あ~!!お母さん!!サンタさんが来たよ~!
 ほら、見て見て!こうちゃんにプレゼントが持ってきてあるよ!」
そして末っ子はお姉ちゃんをすぐに起こしました
娘もその声ですぐに起きてプレゼントに飛びつきました

「うっそ~!!すごいね~!!
 ちゃんとサンタさんが来てくれたんだね~(*^_^*)」
私はそう答えました

末っ子は私のそばに来て、嬉しそうに中を確かめました
まずは手袋を見て・・・
「お母さん!こうちゃんね、これこの前、○○○に売ってて
 すっごく欲しいなって思ったよ でも我慢してた
 良かった~!!サンタさんが持ってきてくれて・・・」
次は財布を見て・・・
「お母さん!こうちゃんね、これもこの前、△△△に売ってたのを
 見つけたよ カッコイイなって思ってたけど、こうちゃん、お金がな くて買えなかったから我慢してたんだよ 我慢してて良かった~」
最後はムシキングの下敷きを見て・・・
「お母さん!やった~!!ムシキングの下敷きもあるよ~!!
 こうちゃん、すっごく嬉しい~!!」

末っ子の反応がこんなにすごいとは想像もしていませんでした
下敷きなんて、ほんの200円のもので、ママサンタとしては
あまりにも安かったかなと反省していたんです・・・

「良かったね~、今度お年玉もらったらこのお財布に入れて大事に出来 るね♪ 学校行くときも手が冷たくないね~♪
 ムシキングの下敷きなら、絶対ちゃんと使えるね~♪」
末っ子は、下敷きを使うのを嫌がってたんです
だから大好きなムシキングの下敷きなら喜んで使ってくれるかなって・・・

一番嬉しかったのはなぁに?

末っ子に聞いてみました

「ムシキングの下敷きだよ~お母さん(*^_^*)」

そうなんだ・・・

金額じゃないんだな・・・子供にとって一番のものって・・・

それから末っ子は私へのプレゼントだと、肩を按摩してくれました

そして、おばあちゃんと夫に電話でサンタが来たことを報告していました


娘も自分の希望のレターセットとメモ帳などが来ていて大喜びでした

本当に金額ではないんですね・・・(なんていい訳かな  爆)

長男へのプレゼントはかなり探して探して探して・・・
長男が大好きなブランドの服も見てたけどサイズがありませんでした
申し訳なかったけど長男には直接お金を手渡しです・・・
「ごめんね、お母さん何を買ってあげたらいいかわからなかった
 お金、大事に使ってね」
そう長男に言ってお金を渡しました
「お母さん、こんなにくれるの??
 大丈夫なの??無理しなくていいよ」
もう長男はサンタさんは信じてません
信じてないけど、何か良さそうなモノが見つかれば枕もとに置こうと
思ってました
長男は騙されてくれると思いました
でも、私の時間と体力が限界で・・・

きっと自分に本当に必要なものをちゃんと考えて
使ってくれると思います・・・

三人三様の反応で、ママサンタも少しほっとしました・・・
昨日必死で探してあげてよかったと思いました

最近仕事の疲れがひどかったのですが
子供の様子を見て、少し心が癒されました・・・

来年は、どんなクリスマスを過ごすのかな・・・
この記事のURL | こどものお話 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。