スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
ずれ
- 2005/11/29(Tue) -
ずっとずっと何年か信頼していて頼りにしていた占い師さん
先週木曜日友達を交えて三人でお茶をした

今日も偶然あった

でもなんかおかしい・・・

今まであれだけ、色々話して相談に乗ってもらって
占いもしてもらってたのに・・・

この前の木曜日あったときからおかしい・・・

木曜日は、占い師さんの方から電話があった
話したかったことがあるようだったので
お茶をした

でも、その時、別の友達も一緒だったから
私は少し、控えめにしていた

と言うか・・・
今まで、あんなに色々聞いてもらいたかったのに
今回、会っても、何を話せばいいかわからなかった
三人と言う数字で会ったからお互い気を遣っていたせいもあるのかな

友達は、占い師さんに鑑定をしてもらった

私は・・・今、鑑定してもらうことすらない

占い師さんが私に話したかったこと・・・
それもちゃんと聞けなかった

いつもなら、今までなら、占い師さんに逢ったあとは
気分的にすっきりする
カウンセリングも兼ねてしてくれてるから・・・

でも、今目の前に占い師さんが居ても
何を話していいのかわからない
何かを鑑定してもらっても、「当たるも八卦、当たらぬも八卦」
そういう想いが今はある

自分の力、を信じたい
未来を予測してもらうのもいいかもしれない
でも、未来を予測してもらったところで
どうなるんだろう・・・
前なら、未来のこと色々聞きたかった
だけど・・・
聞いてばかりの時って自分の足で歩いてない・・・
依存の方が強くなる
結果が良くても悪くても自分の足で力で先に進んでいかなきゃ
そう思い出したら、いくら大好きな占い師さんが目の前に居ても
話せる私じゃなくなってしまった

なんか淋しい
でも、もうグルグルは嫌だ・・・

今日偶然逢ったとき、冷や汗がでた
どう話していいかわからなかったから
手にも汗を握っていた

占い師さんがこの前私に話したかったこと・・・
もう一人いたから会話できなかったけど
もう、聞くことは無いかもしれない

なんかずれた・・・
スポンサーサイト
この記事のURL | こころ | CM(16) | TB(0) | ▲ top
湖の辺で…
- 2005/11/27(Sun) -
20051127162107
湖の辺の喫茶店の窓から
水鳥たちが遊んでいるのが見えました
とっても可愛かったので 写しました

最近、事故の後遺症からか、頭痛が続いてます
目の奥も痛くてずっとパソコンを見続けることが出来ません

プレ更年期なのかな??
え・・・?本物の更年期??

この水鳥を写したのは先週木曜日でした
今日、実家の母を車に乗せて運転してるとき
川に、白鳥が何羽か居ました

あまりにも素敵だったので、携帯で写そうと思ったのですが
運転中だったので、無理でした

もう、冬になっちゃったんですね・・・
紅葉していた葉っぱも次第に枯れ始めています

冬になるとなんとなく淋しくなってくる・・・

この前、テレビで、沢田亜矢子さんが、城崎仁?さん?と
デートしてる番組をやってました
最初は照れくさそうにデートをしていた沢田さん
なのに、最後は感極まってか
城崎仁さんの胸で、泣いてました
それを見ていた私も泣いてしまいました
沢田さんが言った言葉・・・
「ずっと女一人で子供を育ててきました
 たまにはこうやって男の人の胸にしがみ付きたい時もありました・・・」

そうなんですね・・・

妙にナットク・・・

寒い季節になると妙に人肌恋しくなる・・・

・・・・・・・・愚痴になっちゃった・・・・・・・

この記事のURL | 未分類 | CM(10) | TB(0) | ▲ top
癒されます
- 2005/11/24(Thu) -
20051124084506
初めてのモブログです Yちゃんとこの子猫ちゃん、ちょこっとお借りして うちに連れて帰りましたo(^-^)o
ソファの上で気持ち良さそうに寝てます…
かわいい~♪癒されます(^O^)
この記事のURL | 未分類 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
子供の残酷さ
- 2005/11/24(Thu) -
この前無事に退院したYちゃん・・・

クラスの女の子数名にイジメられてるそうだ・・・

理由は「Yちゃんの顔が浮腫んでいるから」

・・・アホか!!・・・

この話をYちゃんのお母さんが私にしてくれた

許せないよ
そんなの!!

顔が浮腫んでいるのは薬のせいでしょう
なんで、そんなことが理由でいじめるの!!

むかついてむかついて仕方が無い

Yちゃんとうちの娘は仲がいい
それをその数名のイジメをしてる子が邪魔するらしい
数名の子はうちの娘とは仲がいい
Yちゃんがうちの子に近づこうとするとそれを阻止するらしい

六年生にもなってなんでそんなことするの

そういえばこの前娘が言っていた
「○○ちゃん、Yちゃんのこと避けてるみたい・・・
 ○○ちゃんは私とは遊びたいけど、
 Yちゃんとは遊びたくないんだって・・・」

「あのね、友達同士、合う合わないはあるかも知れないよ
 でもねYちゃんも病気になりたくてなったわけじゃないんだよ
 貴女はちゃんとYちゃんを助けなきゃいけないよ
 お母さんは貴女を信じてるから」
私は子供に言った

ついこの前そんな話をしていたばかりなのに・・・

Yちゃんのお母さんの話しによれば
女の子の焼きもちも入ってるかもしれないって

でもね、私は許せない
もしかして、これもYちゃんにとったら必要な経験なのかもしれない
だけど、病気でこうなってる子に
それを理由にしていじめること
それは許せることじゃないでしょう

一年生の子だってわかるはず

私は悔しかった
担任の先生に話すべきだと言った
我が子を守れるのは親しかいない

先生がどんな解決方法を出すのかわからないけど
でも、ほっとくなんて出来ないよ

子供って残酷だ

Yちゃんが うちの子からもらった折り紙で作ったいちご
それを筆入れに入れているのをその子達が見つけて
こそこそ手紙のやり取りをして
悪口言い合ってるんだって

その子達はうちの子はいじめない
逆に毎日誘いに来る
今日も一緒に遊んでいた
傍から見ればそんな悪い子ではない

女の子同士って仲間意識が強いのはよくわかってる
でもね それも時と場合によるんじゃないのかな


あ~・・・
駄目です・・・こういう女の子同士のイジメ
許せません・・・

先生にもこの実態気づいてもらって
Yちゃんが学校生活をしやすいように
協力してもらえたら・・・

もしかしたらYちゃん自身が引け目を感じていて
普段なら気にならないことでも今は気になってるのかなとも思った

でも、でも
やっぱり許せない・・・

・・・なんか書いてる内容ぐちゃぐちゃ・・・
この記事のURL | こどものお話 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
義理の姉妹って・・・
- 2005/11/22(Tue) -
午前中近所に住む姉が来た
姉と言っても、年は15は離れてる姉妹
母親は違う

時々、野菜をくれたりおかずを持ってきてくれたり
親切な姉

でも、今日はちょっと違った

私の車が駐車場に停まってて「家に居るんだな」と思って来たと言った

「今日はお休みなんだね~
 まさか、無職のわけないしね~」

・・・なに それ・・・

姉は私の仕事の経緯を殆ど知っている
冗談だと思って私は笑い飛ばしたが心にグサっと来た

その後長男の高校の志望校の話をした
「親の意見と子供の意見は違っても仕方ない
 子供が一番行きたい所が一番いいところだよ」
姉はそういった
もちろん私もそう思った
長男は志望校を決めている
野球も続けたいようで、その志望校ならいいかもと思っている

「子供にばかり、無理を言って、どんな偉い人になって欲しくても
 じゃあ、親のあんたはどうなの?」
私の気持ちを理解せずに姉はどんどん喋る

私は別にレベルの高い高校に行って欲しいなんて言ってないでしょ・・・

子供の意思に任せることにしたのに・・・

でも、それは言葉にしなかった・・・

親のあんたはどうなの・・・??

別居して、仕事もしてなくて、
姉はそう言いたかった
半分笑って言われてしまった

母親が違う姉妹
いくら姉妹でも、本当の姉妹とは違って
言いたくても言えないこと・・・たくさんある

色々気遣ってくれるのも、この姉
だから今日のさっきの言葉は悪い方にとりたくなかった
でもね・・・
ちょっとショックだね・・・

姉の長男が高校から大学を受験するとき、散々、志望校の話を
聞かされたことをふっと思い出した
通信教育の話
学校の成績の話
姉はとても自慢げに話をしていたっけ

ちょっとひねくれちゃった・・・

義理の関係、普段深く考えず付き合ってる
でも、ふとしたことから、線を引かれてるんだなって思う

笑われるようなことをしてるのは誰でもなく私
笑われても仕方ないかも知れない
いちいちそんなことにショック受ける必要もないかも知れない
馬鹿みたいな話かも知れない
でも、本当の姉だと思ってるから余計ひねくれた

ひねくれたのは心の中だけで、表面には出さない
さらっと別の話題に変えたけど・・・

この前姉の家に行った時、海苔の佃煮を作っていた
それがとても美味しくて、その話をした
「どうやって作るの?また作って(*^_^*)」
そう言った
何分くらい煮たらいい?なんて、色々聞いてたら
「じゃあ、作ってあげるわ」と
うちの海苔で佃煮を作ってくれた

よかった・・・
ちょっとむかついたけど
でも、いいか・・・

私がこれから頑張って、今の姉への私の印象を変えていけばいいんだ・・・

これが義理の関係なのかな

 
この記事のURL | 未分類 | CM(12) | TB(0) | ▲ top
生きるということ
- 2005/11/21(Mon) -
昨日は小学校の音楽発表会でした
末っ子は二年生ですが例の目覚まし体操などをやりました
「おはよう!!」はうまく行ったと思います
娘の伴奏は・・・
家では殆ど練習してなくて心配でしたが
結構舞台度胸がある子なので、本番も堂々と弾きました

全ての学年を見て・・・
子供達の真剣な、しかも満足げな、楽しそうな
そんな表情を とても嬉しく思いました

普段は、やんちゃの塊みたいな男の子たちも一生懸命楽器を演奏していたり、大きな口をあけて歌ってたり・・・

みんなみんな子供って可愛い!そう思いました

その中で・・・
この前まで入院していた友達のお子さんも出場していました
私は、Yちゃんが退院してから一度も会ってませんでした
ただ、娘は同じクラスなので、私がYちゃんの様子を聞くと
「最近、Yちゃん、顔が太って来たよ」
と言っていました
娘は、それを
「Yちゃんは給食を沢山食べるようになったからそれでだよ
 今まで、痩せてたから、今はちょうどいい感じだよ」
と私に話していました

それって・・・
薬の副作用じゃないのかな・・・
でも、そんなこと娘には言えない・・・
心の中が不安でいっぱいになってました

でも、そんなことYちゃんのお母さんには聞けない・・・

昨日私はYちゃんは何処かなと必死で探してました
でも、出てるはずなのに見つからないのです
おかしいな・・・
何度も何度も見直しました
正直、娘の伴奏を聞く所じゃなかった
その中で、一人見慣れない女の子が居ました
もしかして・・・Yちゃん!??

その女の子は顔がまん丸でした
輪郭も表情も私の知ってるYちゃんではありません

でも何度も確かめて見るうちにそれは当たってたことに気づきました

ショックでした・・・
まるで別人のYちゃん・・・

私が座ってる少し前にYちゃんのお母さんを発見しました
お母さんは必死でビデオをまわしていました

なんだか発表会どころじゃなくなってしまった・・・
この光景が、この真実が、受け止められませんでした

その夜、偶然Yちゃんたちと会って話すことが出来ました

お母さんは私に話してくれました
「びっくりしたでしょう・・・
 実は・・・特定の難病なんだ・・・」
えぇ・・・!??
病名を、子供に聞こえないように私に伝えてくれましたが
聞きなれない病名で、よくわかりませんでした
腎臓もやられてるとのこと・・・
いつまで薬を飲んだら治るかさえ、今の時点ではわからないと・・・
だから大好きなバレーも出来ない
体育も見学・・・
ただ、本人には浮腫みが副作用だとは教えてない
食べすぎで、こうなってると話してあるからと

信じることが中々出来なかった
だって、ついこの間まで、毎週みたいに一緒に遊んで
冗談言ったり、バトミントンしたりカラオケ行ったり
時には夕食食べに行ったりしてたよね・・・

あんなに元気なYちゃんだったのに・・・

お母さんはこの事実をどうやって受け止めたんだろう・・・

本当に辛かったね・・・

もし、私がこんな立場になったら・・・どうするんだろう・・・
泣いてばかりの毎日かも知れない

つい春先、末っ子の友達の男の子が入院しました
急性白血病でした
10月頃から、頭には帽子をかぶって少しずつ登校しています
その男の子もうちの末っ子とは保育園時代からの仲良しでした

うちの団地のお隣の部屋のお子さんも・・・
同じ病気になり入退院を繰り返しています

今まであれだけ元気でいた子達が
どうして・・・

まだ、私にはこの事実が正直受け止めきれていません

夢を見ている感じです・・・

みんな人間は生きている
生きているから、色んな辛いことも哀しいこともある
でも、それは命あってのことで・・・

子供が普通に元気で学校に行ってるときは
親も欲がでて、テストで成績が悪ければ
「なんでなの!!」と怒ったり・・・

ここ数ヶ月の出来事で、
そして、極めつけ昨日のYちゃんの病気のことで
私の心の中は、本当に真っ白になりました・・・

病気の子供たち・・・
一生懸命病気を治そうと頑張っている
それを目の前で見せられると自分は一体なに!??
そう思いました

子供たちの方がずっとずっと「生きること」を真面目に真剣に考えている

「人生あと何年生きられるかわからないけど」
なんて書いた私がとても恥ずかしくなった

これだけ周りに病気の子供たちが居て
それは何を意味するのだろうかと・・・
私に何かを気づけと言っているようで・・・

幸せになりたい
それが口癖、思い癖?で
いや、それは違う
今、幸せなんだ
私は、子供は、幸せなんだ
思いっきり幸せなんだ・・・

もっと真剣に、そしてもっと感謝しなければいけない
もっともっと
自分の魂を綺麗にしなければいけない

Yちゃんのお母さんにどう対応したらいいのか・・・
考えたけどよくわからない・・・
私は私
今まで通り普通に、親友で居ようと思った

娘にとっては今回が小学校最後の発表会
色んな意味で、心に残る忘れることの出来ない発表会でした・・・

この記事のURL | できごと | CM(10) | TB(0) | ▲ top
歩いて行く
- 2005/11/18(Fri) -
友達のKちゃんに久しぶりに誘われて会いました
彼女とは以前ある職場が同じだった
私の先輩でした
年齢も私より5歳お姉さん

営業の仕事だったので、二人一緒なスーツ着て
一緒にお仕事に行ってました
他の社員から「双子みたいだね~」なんて言われてたっけ・・・

その彼女も今はご主人のお仕事を一緒にしてます
彼女の仕事は営業
だからたまに時間が出来るので、今日みたいに誘ってくれます

Kちゃんと一緒に仕事してた約2年前
私は極度の落ち込み状態でした
いつもいつもKちゃんが隣に居てくれて本当に心強かった・・・
Kちゃんも名古屋からこっちにお嫁に来た人で
私と友達になれて、始めて、この土地に来てよかったと思えた・・・
そう言ってくれました

その会社を辞めてからもこうやってたまに会います

今日はしみじみ話しました
「あの、私のうつ状態から今まで・・・
 あの頃は本当に何をしても哀しかったし辛かった
 でも、今は一日一日が本当に楽しいし嬉しいよ
 あの時、一生懸命Kちゃんが支えてくれたんだよね
 今は着実に一歩一歩歩いている気がするよ
 子供や親や親戚、友達、ブログの人たち・・・
 いろんな人に支えられてるよ
 今、すごく充実してる・・・」

夫婦の問題はまだ、解決してません・・・
もう別居して三年超えました
でも、今結果を出そうとは思わなくなりました
まず、自分の仕事を安定させ、安定した収入を確保する
それが一番だと思ったから・・・
じゃなきゃ子供すら引き取れない

きちんと仕事に就けて、お給料も何度かもらって
その生活が確実なものになったとき・・・
私の気持ちに聞いてみます
どう結論を出したいか・・・
正直、今、心の中では結論は出てる
でも、今、それを向こうに口に出して言うことは無理・・・
必ず、「いい時期」が来ると思う
それを信じて、歩いて行こうと思います

いい加減なあやふやな人生はもう繰り返してはいけいない
辛い哀しい人生ももういい

努力する楽しみ
一生懸命になれる幸せ
それを感じて生きて行きたい・・・

子供はちゃんと見ている
こんな私を、母親を・・・

子供と胸を張って生きていける私になりたい

人生も半分以上過ぎました・・・

今年ももうすぐ終わろうとしています

これまで色んな人の支えで頑張れたこと
これから、自分の力を信じて歩いて行くこと
そして人のために一生懸命尽くせる自分になること・・・



明日は子供の小学校の音楽発表会があります
娘はピアノ伴奏をします
末っ子は、あの「目覚ましテレビ」の目覚まし体操など
する予定です
末っ子が一番最初に「おはよう!!」と言うそうで
張り切って「おはよう!!」と何度も練習してました
( 寝る前だったのに(-_-;) )
その言葉の後に体操が始まるようで・・・
思わず、子供に
「目覚ましテレビから取材に来てくれたらいいのにね~」
なんて言っちゃいました
娘は、キロロの「Best Friend」を伴奏します
練習してたので、私が歌担当で、カラオケ行った気分で
歌ってました^_^;

明日は実家の母も見に来てくれます
楽しみです♪

この記事のURL | こころ | CM(12) | TB(0) | ▲ top
美味しいひととき
- 2005/11/17(Thu) -
昨日は近くのスーパーの中に入ってるケーキ屋さん、
5%引きでした

夜子連れで、買い物に行って、ケーキ屋さんを覗くと
クリスマス仕様の、可愛いレアチーズケーキが並んでいました

思わず
「あ~!可愛いね~!!」
と私は叫んでしまいました

長男はチーズの種類のケーキには目がありません

「うん!!うまそ~っ!!」

私は少し考えてましたが、結局ケーキを買うことにしました

そのレアチーズは、真っ白にお化粧され、上には赤のラズベリーが
ちょこんと乗ってました

緑色の葉っぱらしきものも乗ってたな・・・
(名前がわからない(-_-;))

レアチーズとイチゴショートなどを買い、ルンルンで帰りました

皆がお風呂から上がってから食べました

久しぶりのケーキだぁあああ・・・!!

皆が、ちょっとずつおすそ分けしながら食べました

っていうか、ケーキ、4個頼んだのに5個入ってたよ??

店員さん、間違えたんだね
お金払うとき、気が付かなかった・・・

私が仕事を辞めてから、よくよく考えたらケーキなんて
買ってきた事なかった

仕事してたら、ケーキなんていちいち考えなくても買っちゃうのに
今は、財布のヒモ、かなり固いです(-_-;)

子供の嬉しそうな顔見てたら私も嬉しかった

楽しそうに、オシャベリしながらのひととき

なんて・・・
こんなこと書いたら、「一体どんな、貧しい生活してるの??」
って思われちゃうかな~(笑)

夕食だけは、あまりケチらないように、お金を使ってます

でも、おやつ、ジュース類は、ほんと買うこと少ない私です

クリスマスケーキは、何処のお店のがいいか
子供と相談しました

美味しい美味しいクリスマスケーキ・・・
食べたいな~♪

あ・・・・・
やっぱり私は色気より食い気だね・・・



この記事のURL | できごと | CM(20) | TB(0) | ▲ top
これで・・・
- 2005/11/16(Wed) -
午前中派遣会社に書類を持って行きました
お詫びの気持ちも込めて、お菓子箱も持って行きました

この前の会社の担当者が居ました
最初、顔を見づらかった・・・
申し訳ない気持ちがこみ上げてきて
思わず涙が出ました

担当者は驚いていました
そして
「もういいですよ 仕方ないですよ」
と笑って言ってくれました・・・

途中で事務員さんがコーヒーを出してくれましたが
手続きが終わって帰る時
「また、何処かでお会いするかもしれませんね」
と言われました

なんかその言葉を聞いたら妙に哀しくなりました・・・

もう派遣会社から紹介はないでしょうね

だからその言葉が出たんでしょうね

私は事務員さんに
「また何かあれば携帯に連絡してくださいね」
と言いました
それは書類上のことで、何かあればという意味でした
「あ~・・・そ、そうですねぇ・・・」
と事務員さんは歯切れの悪い言葉を返しました
仕事の紹介がまたあれば連絡してくれ、と言ったと思ったようです

「いやいや・・・書類のことで何かあれば連絡してくださいね」
私は再度言い直しました

「あ~、わかりました~そうですね~」
今度は明るく返事をしてくれました

今回私が取った行動はとても我が儘な周りに多大な迷惑を
かけた行動だったと思います
だから二日間の賃金も貰おうとは思ってないことを伝えました

そんなわけにはいきませんよ、と担当者は言ってくれましたが・・・

一回でもこういう行動をとった登録者って
もう、仕事の話はこないもんなんでしょうか・・・?
私は始めての派遣会社からの仕事だったので
よく仕組みがわかりません・・・

帰り 車を運転しながら
なんとなく心の中が淋しかったな・・・

いや、これで終わった・・・
今のこの気持ち忘れずにこの次の職場で必ず落ち着けるように
・・・頑張らなきゃ・・・
この記事のURL | お仕事のお話 | CM(14) | TB(0) | ▲ top
実は・・・
- 2005/11/13(Sun) -
10日からお仕事行って来ました

職場の人たちはみんな良い人たちばかりでした

でも・・・
実はその仕事、辞めることになりました・・・

やっと決まった仕事で、しかも時給が良くて私にはもったいないくらいの話でした

しかし・・・
今までずっと待ってた会社の欠員が出そうなんです・・・

初日、引継ぎはどんどん進められました
色んな業者さんにも紹介して頂いてました

辞めることに対しても随分考えました
しかし、辞めるなら今しかない
引継ぎをこれ以上して貰ったらもう辞められなくなる・・・

どうしても入りたかった会社が諦め切れませんでした・・・


すごく無責任なことをしてしまったと思います
私を採用してくれた園長先生にも
そして引継ぎをしてくださった人にも
とても失礼なことをしてしまいました

こんなに早く欠員が出るとは思ってもなかったんです・・・

どうしても入りたかった会社・・・
いくら考えても諦め切れませんでした

派遣会社の担当者に話しました
理由は、仕事内容がついていけない・・・と伝えました
私には高度すぎると・・・

自分がすごくいい加減な人間だと思いました
でも、ずっとずっと待っていた会社・・・
どうしても諦められません・・・

一応月曜日、派遣会社の方が園長に話をしに行ってくれる予定です
私は休んでくださいと言われました
というか、もう出なくていいと

派遣会社にも、そして今の会社にも相当な迷惑をかけてしまいました

これを読んでくださってる皆さんも呆れられるかも知れません

だけど
先のこと考えると、夏でクビをきられるかも知れないところと
臨時扱いだけど、ずっと働ける会社と・・・
天秤にかけたとき、どっちを取るか・・・

私がもっと若ければここまで深く考えず
とりあえず、時給の良い、今のところで夏まで頑張ると思います
人間関係も良かったし、老人さんも皆良い人たちで
色々話しかけてくださっていました

理事長さんもとてもよくしてくれてました

でも、年齢や先のことを考えると
今、辞めなければチャンスは当分ない
或いはもうないかも知れない

今度こそチャンスを掴みたい
もう仕事のことで悩まなくてもいいようになりたい
子供に安定した生活を送らせたい・・・

欠員は今月末から来月初め頃に出る予定だそうです

このチャンスを掴むために私なりにここ数日間
ものすごく動きました
ここ何年かこんなに一生懸命動いたことはないくらい
一生懸命動きました

今度欠員が出るまでバイトをしようかとも思ったけど
またそこも中途半端で辞めなきゃいけなくなるから
じっと家で待つことにしました
もうこんな迷惑のかかることしたらいけない・・・

今度こそ絶対掴む
これが最後のチャンスだと思って

ある方に教わりました
「待つ勇気」

待つ間、自分を磨く時間に当てたいと思います

このブログを読みにきてくださる皆様には
正直な気持ちをお伝えしたかった

これが私の本音です・・・
私のこの行動にはお叱りの言葉もあると思います

でも・・・
ずっとこんな私のこと、見守ってくださっていたから・・・

正直な自分の状態書きました・・・
この記事のURL | お仕事のお話 | CM(16) | TB(0) | ▲ top
やっと!
- 2005/11/09(Wed) -
昨日、やっと仕事が決まりました!

この前の、お偉いさんからの紹介を待つ予定でパートを探そうと思い
一昨日はパートの面接に行ってきました
そこはうちからは車で2分のところでした
ただ、仕事がローテーションなので、決まったお休みはありません
でも、アクティブな仕事で、気分転換にはちょうどいいって思い
受けました
(レンタカーやさんでしたが^_^;)
そこの女性所長さんに随分気に入っていただき
「貴女と仕事がしたい」と言ってもらえました

しかしひとつだけ問題があったのです
こういうお仕事なので、運転免許履歴のようなものが必要だとか・・・
点数が何点なのか免許センターで書類を取ってくださいとのこと

そして昨日行って来ました
が・・・
やはり二月に正面衝突してるので、無理そうです・・・

そんな中、派遣会社からお仕事の紹介を貰いました
老人施設と保育園を経営してるところの経理を探してるとの話でした
時給が、とてもいいのです・・・
私はすごく迷いました
だって、お偉いさんに紹介して貰えるのをパートをしながら待つという
ことに決めてたから・・・
でも、そのパートも点数の関係で無理だし・・・
しかし、本当はいますぐにでも働かなきゃいけない状況で・・・

友人にも相談しました
ある友人が
「貴女は先のことまで考えすぎだよ
 今、が生活出来るようにしなきゃね」
と言ってくれました
先はなんとかなるよって・・・

私の心の中では、今派遣会社の仕事に入れば、そのお偉いさんからの
紹介の仕事に入れないかも知れないという気持ちがありました
本当はその仕事に一番入りたいから・・・
でも、こうやっていても、収入はない
ならば今迷ってるヒマはない・・・
色んな気持ちの中、その友人の言葉が一気に私の背中を
押してくれました

そして、派遣会社に連絡を取り、昨日すぐに面接になりました
園長先生との面接でした

仕事内容はかなりハードです
正直自信がありませんでした・・・
自宅からの距離も少しあります
朝、8:45からの仕事なので、ラッシュを考えると
自宅を7:30には出なきゃいけないでしょう・・・
こんな体力のない私に勤まるのかな・・そう思いました

しかし、園長先生は
「貴女に決めます 職安からも面接に来ましたが
 経理経験者の貴女なら即戦力になってくれるでしょう
 期待してますよ」
そうおっしゃいました

園長先生は、あの「田中まきこさん」のような気さくな感じの
方でした

そうだ・・・
今の私を救ってくれる人だ・・・
そう思いました
先はわからない
でも、今を救ってくれる所・・・
迷ってる、悩んでるヒマなんて私にはないんだ・・・

私はその場で「ヨロシクお願いします」と伝えました

「明日からでも来て欲しいですよ」そういわれましたが
一日だけ、心の準備期間が欲しくて
結局10日からの出勤になりました

この仕事を一生懸命頑張っていたら必ず先は
神様がお導きしてくださる・・・
そう思うことにしました

今、目の前に与えてくださったこと
感謝して、必死で頑張ります・・・

面接の前神社に行き、この面接の結果は神様にお任せしました

そしてその結果が、こう出ました

だから頑張ります
私を選んでくださった園長先生に感謝して
頑張ります

沢山の人に応援を沢山貰い感謝です・・・

なれるまでは、家に居た時間が長かったので
辛いと思います
でも、やるしかない!!

ブログにまた愚痴を書いちゃうかもしれないけど・・・
その時はどうぞヨロシクです^_^;

ということで明日の朝からは早起きしなきゃ~(*^_^*)
この記事のURL | お仕事のお話 | CM(13) | TB(0) | ▲ top
ほ・・・っと
- 2005/11/07(Mon) -
以前友達の(Aちゃん)のお子さんが入院したことがあったんだけど
そのお子さん少し前に無事に退院されました・・・
でも、やはり一ヶ月の入院生活で
急には普通の生活に戻れなく、少しずつ学校生活を取り戻していました

時々Aちゃんとはメールしていたんだけど
どうもAちゃんからのお返事が微妙で
まだ、そっとしておいた方が正解かなって思い
少し距離を置いて見守っていました・・・

そして昨夜電話してみました
すると・・・彼女の方から・・・
「ごめんね この前、まりあさんがお見舞いに来てくれた時
 あの時ねすごく体がしんどかった
 あとでわかったけど、あの時私、りんご病になってたらしいの
 通りで体がだるくて、間接も痛くてめちゃくちゃだったよ・・・
 まりあさんにうつってないかな
 大丈夫?」
と話してくれました

りんご病・・・?
名前は知ってるけど、うちの子、かかったことがない・・・
と思う・・・
あれって小さい時にかかる病気だったっけ・・・?

Aちゃんと、そして末っ子のKくんも、同じくりんご病になった
そうです

特に薬はなくて、病気が治まるのを待つだけだと・・・

Aちゃんは少し楽になってから急にほっぺがりんごみたいに
マッカッカになってお化粧していても
「あら~今日はみごとに頬紅つけてるんだね~」
なんてからかわれたとか・・・

子供の場合、そのあと、ほっぺにぶつぶつが出てくるらしい

普通は子供の頃にかかるのだそうですが
うちの子、りんご病なんて、かかったのかな~・・・

大人がかかると関節痛がずっと残るそうです
彼女もお風呂に入るのに、足も上げられないくらい痛かったって・・・
そしてその痛みはいまだに続いているそうで・・・


あのとき、彼女が私に対してそっけなかったこと・・・
病気のせいだったんだ

そりゃそうだね
あんだけ痛ければ、愛想なんて振りまけないよ

まだ、Yちゃんは通院しています
Yちゃんが本当に治ったら、一緒にご飯食べに行こうねと
約束しました・・・

別の友人が(Hさん)車上荒しにあい、財布を盗まれました
被害者はHさんだけではなかったようで他にも数名いたそうです

警察の人は「これはプロですね」と言われたそうです・・・

その次の日、Hさんは今度は車のドアで小指を挟み
痛々しい指を見せてくれました・・・

災難って続くんですよね・・・

Aちゃんも、お子さんの入院から今度は自分がりんご病になり
Hさんも財布盗まれ、次は指を挟まれ・・・

そういえば私も今年は事故二回
階段から落ちたの一回・・・

まだ、あと一ヵ月半今年は残ってるけど
本当に色んなことがあった一年でした

でも、良かった・・・
Aちゃんのこと・・・
りんご病だったことは本当にかわいそうだけど
でも、ずっと仲良しで居られること・・・
あのときの私の思いが勘違いだったこと・・・

来年は皆が、皆が・・・いい年になりますように・・・
この記事のURL | できごと | CM(12) | TB(0) | ▲ top
少し進歩
- 2005/11/05(Sat) -
ここ数日、面接や法事やバタバタな日ばかりでした

法事は、顔も知らない人の300回忌と祖父の25回忌
そして父の先妻の50回忌?(違うかも)と
父の17回忌・・・でした

無事に終わり、ほっとしています・・・

法事の前後面接や会社の担当者にあったりで
一日が終わっていました

派遣会社から少し前紹介された会社(結果は断られた)の
上役さんに昨日お会いしました

実は私の知らない間にある人からその上役さんに
私のこの前の面接の話しが行っていたんです・・・
そしてその人を通じて昨日会うことになりました
急な話の展開にびっくりしました・・・

私が面接を受けた部署とは違う部署の方でしたが
この前の面接官とは同期だとのことでした

この前の面接、本当は貴女を採用したかったらしいよ
そう教えてくれました
しかし、コネを使われると断れない
だから今回は別なコネを使った人を採用することになったと・・・
その上役さんが
「その面接を受ける前に僕に言ってくれたら良かったのに・・・
 必ず採用だったのに・・・」と言われました


悔しかったです
とても、やりたい仕事だったので・・・

その面接の時、担当部署の方と総務の方が居たのですが
総務の方が、近々経理の方で欠員が出ます
その時、きてくださいませんかと言われました

でも、そのときの私には「待つ」と言うことは出来ませんでした
一刻も早く仕事に就きたい・・・それだけでした

総務の方は、経理か、金融の窓口に、と言ってくださいました
だけど、いつ空きが出るかがはっきりしないのです・・・

結局その時はそれで話はストップしました

そしてその後、別件で派遣会社からの面接に行きました
しかし、その会社はなんとなく反応が悪く
「貴女が来たいなら来てもいいですよ
 しかし仕事を丁寧に教えてあげる時間はないですよ」
という答えでした

そんなのってアリ??
私は、正直その会社には行きたくないと派遣会社の担当者に言いました
担当者は「今答えを出さずに保留にしてもらえませんか」
と言いました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それから色々考え私はやっぱり一つ前に紹介された仕事が
諦めきれないことに気が付きました・・・
例の「派遣社員が終われば次は臨時社員、その時は賞与も出る」
という会社です

そして昨日・・・
その会社の上役さんにお会いしたんです・・・

かなりその会社では権力を持ってる方です
昨日私に会う前に既に人事部に私の話を通してくださってました
至急履歴書を出すようにと言われました

はっきり言ってその方もいつ欠員が出るかはわからない と
しかし、どこかで、そういう話があればすぐに連絡するから
そう言ってくれました

コネなんて使いたくない
自分の力で入れるところがいい
・・・ずっとずっとそう思って就職活動して来ました
でも、もう正直そんなかっこつけてる場合じゃないです・・・

年齢など考えたら、少しでも長く安心して働ける所・・・
「次、どこで働こう・・・」って悩まなくてもいい所・・・
こんな田舎でこの年齢を考えたら先々不安は尽きません・・・

そう考えるとこうするしかありませんでした

よくよく聞くと、その会社にはコネで入りたい人の履歴書が
山の様に積まれているそうです・・
みんな必死なんですね・・・

一応そこの欠員が出るまで
私はどこかでバイトしようと思います
今体力的な自信があまりなくて
どんな仕事が出来るのかわかんないけど
とにかく頑張らなきゃね・・・

近い将来、今回の仕事が、「決まったよ~!!」って
明るい気持ちでみんなに報告できたらいいなって思います

経理の欠員は多分12月半ばです・・・
でもそれまでに別の部署で欠員が出れば
そこに行きます


その上役さんにお会いしたあと
近所の神社に御参りをして帰りました・・・

神様・・・
この記事のURL | できごと | CM(12) | TB(0) | ▲ top
秋の贈り物
- 2005/11/01(Tue) -
午後から近所に住む姉のところに行きました

パソコンの事で、用事があったから行ったのですが
私の
「柿が欲しいな」
の一言で、外に出てみることになりました

姉の家の裏をずっと行くと柿の木が二本ありました

木はすごく大きいので、とても普通に手ではとれません

長い竹の先が割れてるものを使い
その割れてる部分に枝をはさみ、くるっと回して
柿をとりました

中々こんなこと出来ないからやってて子供の頃に返ったような
気がして、夢中でとりました・・・

そして、次は畑に行き
大根、蕪、赤カブ、ねぎ、パセリ、高菜、玉葱、ラディッシュ・・・
泥を落とし、余分な葉っぱを取り、水で洗って持って帰りました

今度は牛蒡も掘れるよ、と姉・・・
人参も大きくなっていそうだったし
次回が楽しみになりました

姉は姉で私に気を遣ってくれています・・・
野菜だけでも、買わなくて済む様に・・・

帰って早速、サラダを作りました
ジャガイモと、柿、ラディッシュ、パセリの入ったサラダです
ちょっとだけ子供と味見したら
美味しい

そして蕪と油揚げでお味噌汁を作りました

あとは適当に何か作ります

高菜もおひたしに出来るし、大根はお味噌汁にも煮物にも
おでんにも使える

最近子供が食欲の秋のせいか、すごく良く食べます
うちは三人ともお味噌汁が大好きなので
秋の味覚のお野菜沢山入れて
野菜のパワーをいただこうと思います♪

今日から11月
沢山食べてパワーつけて
また頑張らなきゃね

そうだった・・・
コロンデモオキル私だったんだった・・・^_^;

この記事のURL | できごと | CM(18) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。